最初にダッフィーを見たとき、すごく驚きました。でも、すぐにダッフィーにハマりました。

ディズニーシーに始めて行った時、女の子の多くがダッフィーちゃんを抱っこして歩いているのを見て驚きました。
さすがに私のような中年のおばさんはいなかったですが、30代後半とおぼしき女性たちもダッフィーちゃんグッズ
に包まれて幸せそうでした。私も手の平サイズのダッフィーちゃんを家族と自分に買いました。
山のようにあるダッフィーちゃんから選ぶときにひとつひとつ顔が違うことに気づきました。みんな可愛いのですが、目
や鼻の位置が微妙に違い、これだと思う自分のダッフィーちゃんを選ぶ楽しさは格別ですね。
仕事に行く時にいつも愛用している大き目のバックにつけると、バックの色やデザインを邪魔しないダッフィーちゃんの
風貌はさりげない感じになります。他のディズニーのキャラクターも大好きなのですが、おばさんがバックにつけたりし
て持ち歩くアイテムには無理がありますから。
仕事帰りの電車の中でふと目を止めると、そのぼんやりとした顔が可愛くて癒されます。足の裏やおしりにミッキーの刺繍
がほどこされているのがブランドっぽくて素敵です。
同じサイズのシャリーメイが欲しくなり、北海道に住んでいるのですぐに行けるわけもなく、ディズニーランドに行く友人
に頼みました。
その後、新車の後ろにさりげなく置く抱っこサイズが欲しくて、東京出張のついでにシーに行きダッフィーちゃんとメイ
ちゃんを買って来ました。新車のシートは光沢のある茶色なのですがその下地を壊すことなくさりげなく後部シートに座ってい
ます。なんとなく癒され安心する雰囲気を持っています。
出張の度にシーに寄って、靴や洋服のセット、スリッパなどの小物類、ひざかけなどを買って来ました。やはり色合いのせ
いか部屋に置いても、インテリアの邪魔にはならないのが良いですね。その色合いがどこに置いてもマッチします。
ぬいぐるみの色や顔、手触りなどは飽きが来ないデザインだと思うのですが、グッズによっては平たんになって可愛らし
さがそれほど感じないものもあります。希望としてはキッチン小物も多く作ってほしいことと、絵をつけるだけでなくて
立体感のあるものにして欲しいということです。
ジュラトーニは可愛らしくて大好きです。ダッフィーちゃんの周りはにちょっとパステルカラーっぽいキャラをつけた方
が素敵な雰囲気になるかも知れません。

そんなダッフィーちゃんを少し処分した話

そんな感じで大切に集めていたダッフィーとシェリーメイやジェラトーニですが、
どうしても引っ越し先が狭くなるということで手放す事になってしまいました。
ひとまず、知り合いにある程度渡したんですが、それでもだいぶ処分せざるえない!って感じでした。
なので、ちょっとスマホで買取サービスを探してみました。
こちらの買取サービスは、ディズニーが大好きでダッフィーの価値もしっかりわかってもらえる買取のようだったので、
ひとまず利用してみたいと思っています。

BBB ビッグバンドビートも大好きです。ミッキーの超絶テクは必見!

私がディズニーランドで一番好きな施設は、ディズニーシーのミッキーマウスの「ビッグバンドビート」というショーです。
「ビッグバンドビート」というのは、ディズニーシー内の「ブロードウェイミュージックシアター」という劇場で毎日公演されているミッキーマウスとビッグバンドが競演する生演奏が楽しめるショーのことです。
このショーの前半は、女性のダンサーとミッキーマウスの競演でダンスが披露されるのですが、ショーの後半になると、ミッキーマウスは黒色のかっこいいタキシード姿にイメージチェンジして、ステージ下からステージの中央にドラムをたたきながら登場します。
はじめて見た時は、登場シーンがとてもかっこよくて、かわいらしいミッキーがなぜかかっこよく見えてしまいました。タキシード姿のミッキーもなかなか見ることが出来ない姿ですから一見の価値ありです。
そして、ステージ下から登場すると、ビッグバンドの演奏と一緒に、ミッキーマウスもドラムをたたいて演奏し始めます。
このミッキーマウスのドラムをたたくテクニックが本当にすばらしいです。たたくしぐさがとてもダイナミックで、かっこよく、そしてとてもテンポがはやくなるところも、超高速のドラムテクニックで難なくこなしてしまいます。
ミッキーマウスがビッグバンドのドラマーと、ドラムのテクニックを競うシーンもあるのですが、完璧にソロパートもこなして会場の大拍手を誘います。
超高速でドラムをたたくミッキーマウスの姿が本当に神がかり的です。どうやったらあんなに高速にドラムをたたくことができるのか、普通の人でも難しいと思うのですが、ミッキーマウスのあの姿で、本当に超高速なドラミングができるのだろうかと思ってしまいました。ドラムをたたいている振りをして、本当はテープで音楽を流しているのではないかと思ったのですが、ネットのクチコミを見ても、どうも本当にドラムをたたいているみたいです。
ミッキーマウスのドラムテクニックをまだ見たことがない方には、一度見てみることをおすすめします。本当に驚きます。